赤ちゃん筆ドットコム

(ご家庭で出来る簡単カットマニュアル)
このページでは赤ちゃん筆に必要な毛髪のカットを説明しています。
■モデルは赤ちゃんではなく、6歳のみくちゃんにお願いしています。
●基本的には鋏と櫛が必要ですが、
 鋏はプロが使用するような本格的なものは必要としません。
 ご家庭にあるもので十分 まかなえます。
●櫛はあくまでもカットの際に毛束をそろえるために使用
 します。しかし、ここでは赤ちゃん筆に必要な毛量をカット
 することを目的としていますので、無いと困るということで
 はありません。
●それでは赤ちゃんの毛髪のカットに入ります。
 (モデルは赤ちゃんではなく、6歳のみくちゃんにお願いしています。)
 通常、生後3ヶ月〜10ヶ月で赤ちゃん筆作成に適した毛量
 になりますが、目安はあくまでも大人の小指より大きめ
 の毛束
が必要になります。
●カットする際はカットした後のことにも十分考慮し、できる
 だけ毛量の多いところからカットするよう心がけます。
●カットした刈毛が衣服につくのを防ぐため
 肩からタオルをかけましょう。
●赤ちゃんの髪は、部分部分で、毛量の多い少ないはまちま
 ちです。写真は天頂部のカットですが、毛量の多いところか
 らカットします。
●写真のように、左手で毛束をつまみながら根元からカットし
 ます。長さは5〜6cmあれば十分です。
●同じところから一気にカットしようとするとその後が悲惨です。
 下の写真のように、数箇所にわけてカットしましょう。
●フロントにかけて毛量の多い部分を見つけて
 カットします。
●1回のカットにつき、切る毛束は、根元部分の5mm〜1cm
 くらいの束を目安にしましょう。
●サイドの部分はわりと毛量も多いです。
 ここで残りの、大人小指以上の太さに達する毛量までカットします。  
●あらかじめ用意しておいた、ティッシュの上にカットした
 毛束をおいていきます。
●この時、根元と毛先の方向をそろえておくようにしましょう。
 (万一方向がバラバラでも製作段階で揃えますので問題はありません。)
●赤ちゃん筆に必要な毛束のカットが出来上がりました。
 この髪が一生の宝物「赤ちゃん筆」になります。
●カットした毛束を大切に包み、専用の封筒に入れます。
(専用封筒(HP用)はこちらから印刷してください。)
カタログを請求された方のみ同封の申込書に記入して、希望商品を記入します。
●出生時間や、体重、身長など間違いのないように記入し
 ましょう。
●申込み後、およそ1ヶ月半くらいでお手元に届きます。
●料金はすべて後払い(着払い)です。
 詳しくはこちらをご覧ください。